水道水の髪・肌への影響

購入する美容品を選んでいる女性の様子

みなさま
肌のケア
髪のケアをされるときに

スキンケア用品や
コスメ

シャンプーや
トリートメント
ヘアオイルなど

ネットやSNSで
情報収集をして
購入されてる方が
多いですよね。

液体石鹸、固形石鹸、色々な石鹸が並んでいる様子

わたしも
SNSで気になる商品を見つけると
すぐに検索するタイプです

そして
良さそうだと
使ってみたくなっちゃいます。

魅力的な商品が
たくさん
あふれてますものね!

だから最近は
ありすぎて
選べない。何を使ったらいいのかわからない
とカウンセリングの時に
おっしゃる方がとても多いです。

同じ商品を
同じように使っても
使う人が違えば効果も感じ方も
変わる。

だからこそ
わたしは
商品を選ぶ前に
じぶんのことを
知る

じつは
これが
商品選びでいちばんのポイントだと
思っています。
毎日
肌のコンディションは
違いますし

季節
気候でも大きく変わるので

毎日変化する
じぶんの肌を
じぶんで触れて
感じてあげる

そうしているうちに
じぶんの
ここちいい状態を
保てるように
なるのではないかなと思います

肌の基本的な仕組みを理解することと
商品の基本的な仕組みを学ぶことが
その助けになることは
間違いないので
カウンセリングの中で講座の内容の一部を
簡単にではありますがお伝えしています。

そして
もう一つ。

髪を洗う時
顔を洗うとき

そのお水は
選んでますか?

という事。

シャワーヘッドから水が出ている様子

わざわざ
購入する商品と違って

身近すぎて
意識することがほとんどないかもしれませんが

毎日使う
水を

変えてしまった方が
髪のパサつき
肌のかさつき


解消されるかもしれません。

水道水
には塩素が含まれているのは
みなさま
ご存じだと思います。

ですが、
飲むときは気にしても
お風呂で使う水
あまり気にされてない方が多いのかなと思います。

水道水を
そのまま使用している場合

残留塩素の影響で
プールほどではありませんが
髪は傷みやすく
カラーリングをしている方は
色が抜けやすく
パサつきやすいのでは
ないかなと思います。
これはプールや
海によく行かれる方の髪を見れば
説明はいらないほど一目瞭然かと。

お肌はというと
残留塩素の影響で
肌バリアが弱くなる可能性があるので
乾燥しやすいお肌になっている可能性があります。
お肌に症状がある方や弱い人ほど
入浴の際のお水には気を付けて
ほしいなと思います。
そして
肌がふやける長湯肌バリアを壊す行為なので
肌が乾燥します。
乾燥肌の人は
長湯すればするほど乾燥しますし、その状態で石鹸をつけて体を
洗ったりこすったりすると肌バリアは崩壊し自分で自分の肌を乾燥させ
自ら乾燥肌を作り出してしまうので
ご注意を。

地域で
残留塩素濃度が2倍近く違うので
一概には言えませんが

あまりにも身近で
見過ごしがちですが

シャンプーよりも
化粧品よりも
からだに
触れる量も機会も多い
だろうと思われる
水道水

そのことを
考えると
水道水の
残留塩素の髪、肌への影響は
日々の蓄積を思うと大きいのかな。

白いバケツに猫の置物がシャンプーハットを着けて入っている様子

美容院は
多くても月に1回程度。

ですが
日常の一部。
お客様にとったら
連続した時間の一部であり
日々の蓄積の一部。

なので
お店では
シャワーの水質にも
こだわりました。

もちろん
わたしたちスタッフにとっても
いいことづくめなのです。

お客様
スタッフ
環境

みんなにいいこと
少しづつでも
どんどん
増やしていきたいと思います。

このブログを書いた人
メイクアップアーティスト 岩井樹里さんの写真

新越谷・南越谷の美容室 WITZ Hair & Makeup
(ウィッツヘアーアンドメイクアップ)
メイクアップアーティストの岩井 樹里です。

instagramjyolie_juri

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる